​Stand F82, Automotive Engineering 2014, Birmingham NEC, 11 月 11-12 日

2015/04/28

Stand F82, Automotive Engineering 2014, Birmingham NEC, 11 月 11-12 日

英国ケンブリッジ:Ubisense Group plc (AIM:UBI) は、自動車製造会社用のリアルタイム位置情報インテリジェンス ソリューションのトップクラス会社です。Automotive Engineering ショーに初出展し大きな衝撃を与え注目を集めます。同社は Smart Factory のデモを行って、世界で最も知られている自動車ブランドの数社においてなぜこのシステムが急速に採用されつつあるのかを説明します。

ドイツ、日本、および米国の自動車メーカーが Ubisense ソリューションを使用して、ワークフロー効率を最適化している様子を説明します。Ubisense の Smart Factory 位置情報インテリジェンス ソリューションは、リアルタイム位置情報インテリジェンスと、強力なソフトウェアおよびマシン対マシン接続性を組み合わせて、次世代の製造方法を可能にします。この方法により、Smart Factory は、大幅な節約を実現し、品質と安全基準を上げるとともに生産性を向上させることができます。

展示会参加のお客様は Unisense の専門家と会い、Ubisense 営業担当副社長 ジェフ・クラークの話を聞き、コンファレンスの「未来のスマート工場」*について話し合い、Smart Factory の実際のデモを見ることができます。このデモでは、

スマート デバイスで手直し作業とリコールを低減する方法を示します。

お客様は、さまざまな車両の組み立てプロセスで監視性と追従性を大幅に向上できることをご覧になれます。たとえば、機械的な束縛によらない自動工具管理、品質検査、およびポカヨケなどの様子をご覧になれます。適切な時間に適切な車両に対して部品を検証することも可能となります。

Smart Factory Offline でワークフロー効率を改善

展示会のお客様には、他に例を見ないほどの可視性と制御をオフライン プロセスに導入し、すべての車両のリアルタイム状況を自動的に認識したり、サイクル時間、滞留時間、占有時間、所要時間を計測・分析したり、生産性を正確に測定したり、意思決定の的確性を向上したりできるようになります。

Ubisense 最高経営責任者リチャード・グリーンは次のように述べています。「Ubisense は Automotive Engineering ショーに初参加しますので、コストの削減、生産性の向上、投資に対する大きな利益を望む企業の担当者にお会いできることを心待ちにしています。ショーでは、Ubisense Smart Factory が急速にマーケット シェアを獲得しつつあることと、すでに実際の生産に導入されて世界中で年間 200 万台以上が生産されていることをご説明いたします。Smart Factory は未来の工場を今実現しつつあります。」

Automotive Engineering 2014 は車体、シャーシ、パワートレイン、サプライ チェイン エンジニアリングのための、英国で唯一 100% の専門ショーでありオープン コンファレンスです。このショーは英国の複数の車両デザイン、開発、生産、および統合エンジニアリング プログラマーをサポートし、対象の車種としては、乗用車、パフォーマンス車、商用車、バス・トラック、モーターバイク、特殊、低炭素排出車、およびエンジン セクターなどが含まれます。Ubisense は、200 社以上の専門の英国および国際的展示会に参加し、自動車製造に対する最新のソリューションとテクノロジーを展示する予定です。これは Advanced Engineering UK 2014 グループ イベントの一部です。

Ubisense および Ubisense Smart Factory の詳細につきましては、www.ubisense.net/en/manufacturingをご覧ください。

Automotive Engineering ショーの詳細につきましては、www.advancedengineeringuk.comをご覧ください。

Ubisense 営業担当副社長ジェフ・クラークが Forum 6 において 11 月 12 日 2.30 PM に講演を行います。