概要

ビジネス・プロセスにおけるスマートな意思決定には、正確な情報をリアルタイムで得る事が不可欠です。

Ubisense Real-Time Location System (RTLS)は正確で信頼性の高い位置及び空間モニタリング・プラットフォームとして開発されました。数々のアワードに輝くプラットフォームは、Smart Factory アプリケーションとして豊富な稼動実績を持ち、大手自動車メーカーをはじめ世界中の数多くのお客様にベスト・プラクティス・ソリューションをご提供しています。
  • 高精度で自動化された製品・設備の識別
  • 正確でリアルタイムな位置・空間のモニタリング

Ubisense RTLSは超広帯域無線(UWB: ultra-wideband radio) を使用し、製品及び色々な資産の位置を常時モニタリングします。他に類を見ない精度と信頼性で位置情報を取得することで生産ツールの自動制御等、ユニークな機能を実現できます。

Smart Factory を導入した企業

セクター

Ubisense RTLS が支援する製造業 

仕組み

Real-time location at a glance

Ubisense RTLSはミドルウエア・ソフトウエア及びハードウエア(UWBセンサー、プレゼンス・センサー、タイミング・ディストリビューション・ユニット及び用途別に開発されたタグ)で構成されます。システムは堅牢、柔軟かつスケーラブルで、生産現場の厳しい環境での動作も十分実証済みです。システムは屋内・屋外に関わらず使用可能で、ハードウエアに関しては日本国内及び主要各国の規格に合致するよう設計されています。

#

Ubisense RTLSプラットフォームは既存の生産システムと接続することで、従来の生産プロセスに対し新しいコンテキスト及び情報を付加することができます。その結果得られる有意義な洞察力により、よりスマートな意思決定を支援します。他社のRTLSやRFIDシステムを導入済みでも、ユビセンスRTLSとインテグレートすることが可能なため、全てのデータソースを介して最大限のバリューを引き出します。

Ubisense RTLSはスケーラブルな展開を考慮して設計されていますので、小規模な導入からスタートし、順次必要に応じて拡張していくことが可能です。

Ubisense RTLSシステムは現場で実行されるプロセスをあるがままに追跡し監視することを可能にします。製造現場の無駄の削減等、そこから得られる洞察力によって現場を改善しバリューを生み出す、多くのアプリケーション領域に応用可能です。Ubisenseは、これら成果すべてを有効にする、RTLS のプラットフォーム上に構築されたオーダーメイドのソリューションです。

ユビセンスSmart Factoryに関するより詳しい情報はこちらまで

ケーススタディ

Ubisense RTLS はどのように支援するのか

  • BMW は技術革新と超効率性で有名で。同社はレーゲンスブルク自動車製造プラントで Ubisense Smart Factory を導入してツールコントロールを自動化し、手動のバーコード読み取りを廃止し、大幅な効率化を実現しました。

     

    • マニュアル プロセスのコストと負担を削減
    • エラーのリスクと手直し作業の低減
    • 生産性と節約の増加
    • トータルなトレーサビリティとコンプライアンスの実現 
    • 効率と自動化の増大

ケーススタディ

Ubisense Smart Factory 概要パンフレット

  Smart Factory は、製造現場における組立工程の間断ないフロー維持、効率の最適化、およびエラー削減に貢献する実証済みシステムです。

Ubisense RTLSが貴社のビジネスにどれだけインパクトをもたらすか、お打ち合わせご希望の際はお気軽にお問い合わせ下さい