概要

デジタルファクトリがもたらす未来

車両製造現場におけるアセンブリプロセスは、近年益々複雑になり、そのオペレーション管理は大きな課題となっています。Ubisense Smart Factoryは、この問題の解決に特にフォーカスをあて、開発されたソリューションです。Smart Factoryは、オペレーション状況をリアルタイムに通知し、状況に応じた柔軟な指示とデータに基づいた意思決定を可能にし、その結果、よりスマートな選択をすることが可能となり、最適なプロセスを実現させます。

  • コスト削減を数値化:アセンブリプロセスの無駄を削減し、最適化させます
  • 生産性向上を保障:エラーや無駄な時間を削減していきます

  • 品質確保のためのコスト削減:「直行率」を最大化し、リワーク・コストを削減します
  • 製品カスタマイズ管理能力:多種多様な手作業を最適にガイドし、ミスの発生を防ぎます

トップクラスの製造企業から受けた信頼

#

の世界大手 自動車製造会社が Ubisense Smart Factory ソリューションを使用

#

Ubisenseは、6,000 台以上のセンサーと 22,000 個以上のタグを世界各地の50 を越える製造現場に設置

#

台の車両が、2013 年だけで 、Ubisense Smart Factory ソリューションを使用した自動車会社によって生産

Smart Factory多くのお客様にご利用いただいております。

セクター

Smart Factory 適応業種  

仕組み

システムについて

Smart Factoryには、製造プロセスを向上させるためのOnline 及びOfflineの2つのアプリケーションがあります。日々の作業に役立つ製造インテリジェンスと作業指示を、リアルタイムに提示します。効率アップと収益性向上の機会をピンポイントで提示し、現場作業者をサポートいたします。

smart_factory_graphic_210x210_FINAL.jpg

Ubisense RTLS

Smart Factoryは、リアル・タイム・ロケーション・システム(RTLS)を通して位置情報を収集します。ハードウエアはタグとセンサーとで構成され、UWB無線信号によりロケーションを測位し、正確なロケーションを検出し、生産プロセス上にある製品・人・ツール等の資産を識別します。そして、この検出した位置データを、既存の生産システムやデバイスからの情報と連携し、それにより、工場内の何処で何が起きているかを仮想空間システム上に再現させるのです。

Smart Factoryのインテリジェンス情報は、即座に関係者や、関連するツールに送られます‐実際の改善に最も影響がある関連部署へ、過去の作業を洞察し、次の作業を予測するための情報を提示し、担当者への作業指示を表示します。

Smart Factory Assembly

Ubisense Smart Factory Assemblyは、車両組立ラインを最適化するために設計された、非常に有効なSmart Factoryモジュールである、Smart Device とVirtual Stationとで構成されています。

Virtual Station

ショップフロアの任意の場所に仮想化された識別点を作成し、管理することができます。

  • ショップフロアの何処にでも仮想化された識別点を作成、管理が可能
  • 手作業によるハードウエア識別点の取り外しに関わるコストと無駄を削減
  • ラインやプロセスの再構成に必要な、固定インフラベースの識別点を変更する際の労力やコストを削減
  • 固定ワークステーションの制約を減少させ、工場内により多くの工程を適合

Smart Device

ライン上の任意の場所で車種に応じた高精度で自動的なツールコントロールを実現します。

  • 任意の場所で自動的に正しいプログラムをダウンロードするポカヨケ機能
  • 人や物の特定を、高い信頼性で自動的に実現
  • 既存の生産システムや生産ツールとシームレスに統合
  • 単一工程から複数工程、部門毎から部門間連携までスケーラブルな展開

Smart Factory Offline

Ubisense Smart Factory Offlineは、オフライン車両生産プロセスを向上させるための、非常に有効なSmart Factoryモジュールである、Explorer、Process Improvement 及びOperations Centreとで構成されています。

Explorer

自動車生産の各部署に合わせてカスタマイズされたインタラクティブなWEBベースのインタフェースにより、高い信頼性を持ったリアル・タイム・ロケーション機能及び目的に応じた検索機能を提供します。

  • 生産に重要な製品・人・ツール等の資産を、工場内の場所に関わらず即座に発見
  • 既存のプラントデータと統合し利用することで、製品に関する必要なアクションを洞察
  • 製品や工程に関わる重要な製品・人・ツール等の資産を探すコストを削減

Operations Center

生産プロセスの状況を理解し向上するためのモニターとレポートのためのツールキットです。

  • プロセスのエラーやオーバーランを即座に通知
  • 将来発生しうるプロセス問題を予測
  • プロセスのパフォーマンス問題を識別し特定
  • データに基づく判断によるタイムリーな意思決定
  • スペース及びリソースの使用効率を最大化

Process Improvement

厳重な空間監視、そして解析プラットフォームにより、自動車メーカーはオフライン・ワークフローの優先順位を最適化することが可能になります。

  • フロント・ライン・マネージャーによる、積極的な生産フロー調整
  • プロセスのエラーやオーバーランを即座に把握
  • リペア工程のスループットを最大化
  • 空間及び設備の使用率を最大化
  • 稼働状況と生産目的に精通することで、製品・人・ツール等の資産活用の最適化
  • サイクルタイムと残業時間の削減
  • タスク優先順位を決めるためのキーとなる情報を即座に受信
  • プロセス・パフォーマンス問題(プロセス・ボトルネック、計画との差異、サイクルタイムの傾向)を識別し特定
  • データに基づく客観的な意思決定

ケーススタディ

Smart Factory はどのように支援するのか

  • BMW は技術革新と超効率性で有名で。同社はレーゲンスブルク自動車製造プラントで Ubisense Smart Factory を導入してツールコントロールを自動化し、手動のバーコード読み取りを廃止し、大幅な効率化を実現しました。

     

    • マニュアル プロセスのコストと負担を削減
    • エラーのリスクと手直し作業の低減
    • 生産性と節約の増加
    • トータルなトレーサビリティとコンプライアンスの実現 
    • 効率と自動化の増大

リソース

Ubisense Smart Factory 概要パンフレット

Smart Factory は、製造現場における組立工程の間断ないフロー維持、効率の最適化、およびエラー削減に貢献する実証済みシステムです。

Smart Factoryが貴社のビジネスにどれだけインパクトをもたらすか、お打ち合わせご希望の際はお気軽にお問い合わせ下さい